ルート配送のメリット

仕事が覚えやすく、自分のペースを掴みやすい

ルート配送の最大の魅力は、基本的に同じお客さんのところへ同じ時間に荷物を運ぶ仕事なので、仕事を覚えやすい点です。また、配達先が固定化されているので、長距離ドライバーや工事現場へ荷物を運ぶダンプカーのドライバーなどと比較して、道を覚える必要性もあまりありません。仕事がルーティン化しやすいため、自分のペースを掴みやすく、精神的な負担も少ないと言えます。 但し、配達先の業種によっては配達時間が早朝や深夜であったり、1日に2回転以上する場合もあり、注意が必要です。運送会社によって、どういった業種のお客さんを相手にしているか特徴があるので、求人に応募する際は、何処にどんな荷物を運んでいるのか、拘束時間はどれ位かを事前にきちんと確認しておくことをオススメします。

他の運送業に比べて体の負担が少ない

ルート配送の場合、配達先は店舗や工場であるケースが殆んどです。配達先にフォークリフトや台車などが用意されているケースが多く、お客さんが荷台から直接荷物をとってくれたり、店舗内への荷物の搬入をスムーズに行なえることが多いので、体への負担が少なくて済みます。特に食品など商品を地面につける事が許されない荷物を扱っている運送会社であれば、トラックにパワーゲートが装備されている事も多く、重い荷物を自分で持ち上げる必要が無いケースも多いです。 また、ルート配送の場合、配達範囲は広くてもせいぜい半径50キロ程度です。何日もかけて荷物を運ぶ長距離ドライバーなどと異なり、毎日家に帰ってしっかり休むことができる点も大きなメリットと言えます。