ルート配送の勤務時間

正社員は夜間の業務を担当することもある

ルート配送のドライバーの勤務時間は、勤務先の業種や営業エリア、顧客数などによりますが、正社員は朝から夕方までの業務を担当する会社が目立ちます。地域に密着した物流会社の多くは、同一エリアの配送が中心となるため、一年を通じてあまり勤務時間が変化しないといった特徴があります。一方、複数の地域に跨って営業を行っている大手の物流会社においては、繁忙期に残業時間が長くなりやすく、日によっては深夜まで業務を担当するケースも少なくありません。 そのため、正社員としてルート配送の仕事を始めたい人は、就職後に労働条件で悩まないため、会社ごとのドライバーの主な勤務時間を確認したり、残業の有無を面接時に尋ねたりすることが大事です。

パートのドライバーは都合の良い数時間の勤務を希望できる

人手不足が深刻な物流会社の中には、正社員だけでは仕事が回らないため、パートのルート配送のドライバーを新たに受け入れるところが増えています。パートのドライバーとして働く場合には、正社員のように残業を任されることは少なく、勤め先によっては午前や午後のみなど数時間の勤務を希望することもできます。 また、パートのドライバーの確保に向けて、育児中の人や定年退職をした人が働きやすい制度を導入している物流会社もあり、職場探しの際に勤務時間や休日の日数などをよく比較してみると良いでしょう。なお、パートのドライバーの勤務を長く続けることで、正社員に登用されたり、現場のリーダーに就いたりできることもあるため、勤務時間ばかりでなく、各企業のドライバーの活躍ぶりにも目を向けましょう。