ルート配送の平均給料

営業範囲が広いほど高給になることが多い

ルート配送は予め目的地が決まっている配送業務です。多くの会社では営業範囲の広さで給料の金額を決めているので、基本的には範囲が広いほど金額が大きくなります。また、一度に扱う荷物の数量も決して無関係ではありません。使用する車両で違いはありますが、積載量が多くなればそれだけ給料も増える傾向があります。正社員待遇でのルート配送業務の給料は平均して18万円から20万円ほどです。これは2トン以下の小型トラックを使用した短距離移動のルート配送の場合であり、大型トレーラーによる長距離移動なら約5万円から10万円ほど加算されます。パート勤務の場合は主に時間給計算ですが、それでも地域の最低賃金より100円から200円程度は高く設定されるのが普通です。

取り扱う荷物の種類で変わることがある

ルート配送の仕事は基本的には営業範囲の広さが給料に反映されますが、取り扱う荷物で金額が大きく変わることも珍しくありません。美術品や楽器、精密機器など慎重な扱いが求められる荷物は特殊な梱包が必要であり、車両に積載した際も強固に固定しなければいけません。一般的な荷物よりも扱いに手間がかかる他、丁寧な運転が求められます。熟練の技術が必要になるので、その分の手間賃が給料に加算されるのが一般的です。劇薬のような危険物も同様ですが、このような荷物は取り扱う会社も限られるので給料の金額が変わることはほぼありません。あくまでも一般的な運送会社が特別な荷物を扱う際に、特別ボーナスという形で給料に加算されるのです。